よくある質問

水溶性珪素umo®命の源®について

Q:珪素とは何ですか?
A:珪素は元素記号でSi、原子番号14番、英語名はシリコンです。地球上で酸素に次いで2番目に多い物質です。酸素は地球の空気の成分ですが、珪素は地殻、つまり地球本体の成分で、体積では6割を占めています。地球はほぼ珪素で出来ているといっても過言ではないでしょう。珪素が単体で存在することはなく、多くは酸素と結びついて二酸化珪素SiO2として存在しています。珪素が最も多く含まれる鉱物は石英で、中でも珪素の含有量が多いのが水晶です。
Q:珪素は石や岩のようなものですが、そんなものを飲んでも大丈夫ですか?
A:石や岩、つまり鉱物はミネラルです。われわれは鉄、カルシウム、カリウム、亜鉛、ヨウ素、マグネシウムなどたくさんの元素を、健康によいとして摂取しています。珪素もそうしたミネラルの一種ですので、飲んでも大丈夫です。但し、石を粉砕したものを摂取しても体内に吸収されません。水溶性であることが重要です。珪素は、これまで健康効果があることがよくわからなかったのですが、最近研究が進み、日本でも認知度が上がってきました。欧米では珪素の知名度は高く、特にドイツでは必須栄養素の一つとされています。家庭の常備薬的に栄養剤として多くの家庭に普及されているようです。
Q:水晶のような硬い石をどうやって飲むのですか?
A:水晶をいくら細かく粉砕しても飲用には向きません。体内で吸収できるように水溶性に加工したものでなければ効果は得られないでしょう。珪素を使った良質なサプリメントは、水晶を高温で熱してガス化し、回収して水溶性の液体にしたものが多いようです。水溶性珪素は、非常に細かい分子になっているため、飲んでも全く粒子はなく、味もほとんどないミネラル水といったところです。
Q:水溶性珪素に健康効果があるのですか?
A:珪素は、われわれの体を作っているミネラルの一種です。例えば髪の毛、骨、歯、皮膚、血管、内臓全般の成分には珪素が含まれています。特に骨や皮膚のコラーゲンの一部であり、組織を固める接着剤のような働きをしています。したがって珪素の健康効果の第1番は、こうした体の組織の成分になることです。
珪素には抗酸化作用があり、活性酸素の害を除去する働きがあります。活性酸素は生活習慣病をはじめとする様々な病気の原因です。われわれの体内にも抗酸化物質は存在しますが、年齢と共に失われてしまいます。また、忙しい、生活が不規則、食事栄養バランスがわるい、喫煙、過剰飲酒といった人は、活性酸素の害を受けやすいので、水溶性珪素などの摂取で抗酸化作用を補助することに役立ちます。
Q:万病のもとと言われる活性酸素とは何ですか?
A:人間は呼吸によって酸素を取り入れます。吸引した酸素の98%は体内で有効利用され、残り2%が活性酸素という不安定で厄介な酸素に変わってしまいます。活性酸素は構造上、不安定な電子を持ち、「酸化」という化学反応をまねきます。酸化は細胞のみならず、遺伝子まで傷つけることがあります。そのため活性酸素は、ほとんどの病気や老化に深い関係があるとされています。水溶性珪素は、活性酸素の不安定な電子と結びつき、その害をゼロにする働きを持っています。
Q:活性酸素はどんな病気に関わっているのですか?
A:活性酸素は全身の細胞を酸化させ、様々な生活習慣病を引き起こします。例えば血管においては動脈硬化です。酸化した血管は硬くなり、血液の流れが悪くなり、詰まりやすくなります。コレステロールや中性脂肪も酸化することで劣化し、血管の内壁にこびりつきます。
他にも中性脂肪が増加する高脂血症や高血圧、また、がんも生活習慣病です。糖尿病は発症や進行に活性酸素が深く関わっています。水溶性珪素は、活性酸素の害も未然に防ぐ力があるので、発症や進行を抑え、回復につなげることができます。
Q:水溶性珪素は骨や関節によいというのは本当ですか?
A:アメリカで行われたフラミンガム子孫研究という大規模な健康調査で、珪素の摂取が多い人は、少ない人より骨密度が高いという結果が出ました。この調査は、珪素というミネラルの重要性を知らしめた初の調査として、その後の医学と栄養学に大きな影響を与えました。骨のためにカルシウムやコラーゲンをたくさん食べても、珪素が足りなければいい骨にならないようです。加齢と共に骨からカルシウムが溶け出してしまう骨粗しょう症になりやすいですが、カルシウムだけを補給してもいい骨にはなりません。骨を丈夫にするにはカルシウムに加えて珪素の摂取が不可欠です。
Q:抗酸化力は加齢と共に衰えていくというのは本当ですか?
A:残念ながら本当です。われわれの体には、本来、活性酸素が起こす酸化作用を中和する抗酸化力が備わっています。例えば酵素やビタミンなどは、頼もしい抗酸化物質です。しかし、20歳くらいをピークに、次第に活性酸素を除去する力が衰えていきます。それと共に健康にも問題が起きやすくなり、生活習慣病になりやすくなります。生活習慣を改め、特に食事に気をつければ、抗酸化力の低下を遅くすることが可能です。そして、水溶性珪素のように活性酸素の抑制に役立つミネラルを意識して摂取することで、抗酸化力を保つことができるでしょう。
Q:水溶性珪素の一日の摂取量には決まりがあるのですか?
A:水溶性珪素は、「食品」です。「食品添加物」であれば規定がありますが、他の食品に摂取規定が無いように、当社の水溶性珪素にも摂取量の規定はありません。また、珪素は加熱しても何と混ぜても変性しない物質です。クリニックなどでドクターが推奨している摂取量は、1日10ml.くらいを飲み物などに混ぜて何回かに分けて1日で摂取するというケースが多いようです。
Q:常用している薬があります。水溶性珪素と併用しても大丈夫でしょうか?
A:大丈夫です。多くの医師が、患者さんの治療をしながら水溶性珪素を飲んでもらっています。今のところ医薬品との併用で問題が起きた例はありません。もちろん、かかりつけの医師に相談できれば一番安心です。
Q:水溶性珪素ウモは、なぜアルカリなのですか?
A:ウモ濃縮溶液の原液は、PH11ぐらいあります。珪素のPHは酸性。水溶性珪素ウモは珪素とナトリウムがイオン化した水溶液です。ナトリウムが強アルカリ性のため、アルカリ性になっています。
Q:水溶性珪素ウモは、なぜ乳化させることが出来るのですか?
A:先ず、乳化という表現では適切ではありません。正しくは、「ナノ化」です。乳化という表現は、界面活性剤で使用する表現ですから、食品として乳化を使うと消費者は納得するかもしれませんが、例えば、「B to B」などのお話しでは不信感を持たれる可能性もありますので、代理店など「OEM商品」を取り扱う場合等は、注意が必要です。水溶性珪素ウモの粒子サイズは2〜10ナノなので、水と油をナノ化する事で混ざることになります。
Q:ウモ濃縮溶液と超濃縮溶液の酸化還元電位がほぼ同じなのはなぜですか?
A:酸化還元電位とは、マイナス電子の量を測定する機器です。珪素はマイナス電子、ナトリウムはプラス電子です。濃縮から超濃縮になり珪素の含有量が増えるとマイナス電子量も増えます。それと同時にナトリウム電子量も増えますので、還元電位には差異が生じ難い状態です。
Q:栄養ドリンクや化粧品に配合した場合に白濁するケースやゲル化する場合が確認されるのはなぜですか?
A:栄養ドリンク(PH2.5〜3.5)や、化粧品(PH4〜5)は酸性です。水溶性珪素ウモはアルカリ性ですから、混ぜることで化学変化を起こして新たな物資ができ、それが水に溶けずに白濁やゲル化しています。本来水溶性のものが白濁やゲル化したことにより、構造が破壊されているので、その成分が持つ本来の機能性は低下していることが想定されます。このような場合は、PH調整剤などを配合する必要があります。
Q:水溶性珪素ウモの推奨摂取量は、10〜40mg と説明していますが、その根拠はどこにあるのでしょうか?
A:水溶性珪素ウモは、食品に分類されます。食品添加物であれば、予め摂取量のガイドラインが示されますが、食品ですから明確な規定はありません。微量ミネラルの推奨摂取量というのは正式に定められていないので、メーカーがその根拠を持って基準を定めることが一般的です。水溶性珪素ウモの場合、フラミンガム論文の骨密度測定の際に1日の摂取量が、14mg未満と40mg以上の比較で優位性が証明されております。ここから、当社取り扱いの水溶性珪素ウモの推奨摂取量については、10〜40mgを推奨摂取量としております。

キロールサニテについて

Q:キロールサニテを使うと、全ての菌を殺してしまうのですか?
A:菌の区別は出来ないようです。キロールサニテは表面に付着して殺菌致しますので、表面発酵しているものにキロールサニテを噴霧すると発酵が止まってしまいます。
Q:手洗いすると成分が流れてしまうとの事ですが、手洗いの度に再噴霧しなければ効力が持続しないということですか?
A:キロールサニテを用いると何度も手洗いする必要がなくなります。一度手洗いして頂いた後にキロールサニテを噴霧し、両手で揉むように広げてください。この状態で乾燥しても一日は効果が持続します。これがアルコールを含む殺菌剤と異なる点です。アルコール成分が入っております殺菌剤は、アルコールが蒸発すると効果が無くなりますが、キロールサニテの場合は、乾いても効果が持続します。
Q:おしぼりや、ウェットティッシュを使って手を拭いた場合、キロールサニテの効果が無くなるのでしょうか?
A:手の表面に有効成分が付着した状態ですので、おしぼりやウェットティッシュを使ってもあまり簡単にはキロールサニテが拭き取られることはありません。
Q:噴霧した状態で、いろんなところを触っても24時間はキロールサニテの効果が残っているのですか?
A:はい、付着した状態ですので、ずっと効果が残っています。付着した粒子の表面が汗、脂肪や皮脂などで汚れますと効果が無くなってきます。
Q:ネットの説明では、椅子、テーブル、包丁などに噴霧しても一日効果があると記載されておりました。いろんな人が座ったり、何回も使用したりする位では効果が落ちないと思いましたが、どうでしょう?
A:はい、キロールサニテを噴霧することで成分が付着します。そう簡単には取れませんので、効果が持続します。
Q:キロールサニテを噴霧した状態で、何か併用してはならない物質はありますでしょうか?例えば、銀イオン入りの除菌シートや洗剤など……?
A:特にありません。
Q:キロールサニテを加湿器(振動式)に入れて使うことはできますか?
A:はい、噴霧器とセットで効果を拡散出来る実験データがあります。こういうセットを今後販売する準備をしております。
Q:キロールサニテを静置すると、なにやら黄色っぽい粒のようなものが見えるのですが?
A:界面活性剤が析出する場合がありますが、激しく振っていただくと、もとの透明な状態に戻ります。このように界面活性剤が析出したものも効力には問題の無い事が判明しています。
Q:20リットル入りの業務用キロールサニテを注文しました。宅急便で配送されてきた段ボール箱を開けると、中身がポリエチレン容器です。容器内のキロールサニテ溶液が泡立っており、なかなか泡が消えませんが何故でしょうか?
A:界面活性剤が入っておりますので、泡がなかなか消えません。消泡剤を混入する事も考えましたが、界面活性剤による泡、表面張力に意味があるようです。消泡剤を使いますと効力が落ちる事になりますので、今後も現状維持で出荷することになります。
Q:キロールサニテを水道水などで希釈して使用することは出来るのですか?
A:可能ですが、水道水などをキロールサニテ希釈に用いますと、ナノ粒子の安定性が落ちるようです。これは、鉄分やマグネシウムイオンがナノ粒子の結合を助長すると考えております。効力ということから考えますと、やはり原液のまま使用して頂くのが良いようです。
Q:キロールサニテを農業・畜産に活用することは可能でしょうか?
A:はい、可能です。例えばですが、養鶏関係ではサルモネラ菌に対する殺菌作用にキロールサニテが卓効を示します。また、キロールサニテは次亜塩素酸やアルコール類の殺菌消毒剤とは異なり無味無臭で無害ですから、鶏や豚などがいる鶏舎、豚舎内で噴霧することが可能です。
Q:菌・ウィルスに反応する時間ですが、どれぐらいなのですか?数秒から数時間までありますが、目安で良いので教えてください。
A:間接的な証拠ですが、反応時間は数秒単位で不活に至ることもあります。要するにキロールサニテ溶液が細菌・カビ・ウィルスに接触してからの時間になります。従って、病原と白金ナノ粒子が遭遇する時間が問題となります。病原の数が少ない場合は、この遭遇する時間が短いですから、ほとんど瞬間的に殺菌することが可能です。病原の数が億を超えてくると、一度に全ての白金ナノ粒子が瞬時に遭遇するわけではありませんので、撹拌するなどでスピードアップしなければ、数分から数時間の時間が殺菌に要する時間となることもあります。
Q:手洗いしてもキロールサニテの成分が手指に付着しており、効果が持続するとの説明がありましたが、そうしますと、あまり神経質につけ直す必要がないのでしょうか?また、汗をかいたら殺菌効果が低下するとありますが、どれぐらいの汗量で効果が低下するのでしょうか?
A:キロールサニテに含まれる成分で、白金以外の成分が白金の作用を高めています。それらの成分の内で水溶性のものが失われますので、あまり頻繁な手洗いや発汗が続くと白金のみの作用となり効果が弱まることになります。例えば手指の発汗が多いようでしたら、制汗剤やドライヤーなどで乾燥させるようにすることが有効です。
Q:介護の場で使用しています。持ち物や患者さんのお宅で全てにキロールサニテを噴霧することは現実的には難しいのですが、予防策としてキロールサニテを有効に使用する方法などがありましたら、教えてください。
A:ウィルス保菌者からウィルス、細菌を伝搬するのは患者さんとの直接的接触だけでないことを先ずご理解ください。それらは、くしゃみなどの飛沫、水洗トイレなどで生じる飛沫や小さなゴミなどにウィルス、細菌が付着し、そこから感染することもあります。効率的な方法ということでなく、実際に患者さん宅を訪れる際にはキロールサニテを空中噴霧する。マスク(外側)、洋服に噴霧することで安全性確保が増します。空間噴霧励行を通じてキロールサニテを使うことで、家庭内での感染予防が報告されています。

AQUAS5®について

Q:「アクアス5」と他社の浄水器の違いは何ですか?
A:「アクアス5」は、それ1台で水道水から塩素などを除去する浄水器です。20年以上の実績に裏打ちされた性能とシステムで、家中の水を天然水のように利用できるところです。この、オール浄水システムにより、飲み水だけでなく、浴室給湯、シャワー、洗濯にも浄水器を通した水道水が利用できます。
Q:そこまで浄水能力に持続性がある浄水器なのですか?
A:通常浄水器は、購入した時から水の使用量に比例して、浄水能力が徐々に低下します。何もメンテナンスを施さなければ全ての浄水器で同じことがおこります。ですから、専門家による定期メンテナンスが必要になります。「アクアス5」の性能を維持し、効果的に使い続けるためにもメンテナンスが不可欠です。定期メンテナンスを「水のプロ」に任せることで、浄水能力が安定した浄水器を使い続けることが可能です。それがオール浄水システム「アクアス5」の特徴です。
Q:他にも他社製品との違いはありますか?
A:「アクアス5」は、確かなメンテナンスと性能に裏付けられた浄水器です。1台で水道水を浄水し、あたかも天然水のように家中の水を使うことが出来ることは既に説明しました。それに加え「アクアス5」は、本体と性能を充実保証する独自のサポートシステムを兼ね備えた、業界をリードする安心のブランドです。